コンピュータは命令のリストに従って処理データのための機械である。 コンピュータは多数の体形を取る。 早い電子計算機は数百の現代パーソナルコンピュータ同様に多くの力を消費する大きい部屋のサイズだった。 [1]今日、コンピュータは腕時計に合うには十分に小さい作られ、腕時計電池から動力を与えることができる。 社会はように情報化時代のアイコンパーソナルコンピュータおよび携帯用等量のラップトップコンピュータを確認することを来た; それらはほとんどの人々が「コンピュータ」として考えるものについてである。 但し、コンピュータ使用中の今日の共通の形態ははるかに埋め込まれたコンピュータである。 埋め込まれたコンピュータは戦闘機から工業用ロボット、デジタルカメラおよび均一な子供のおもちゃまで及ぶ機械で例装置のための他を制御するために頻繁に使用される小さい、単純なデバイス見つけられるかもしれないである。 腕時計のコンピュータ。 多目的なプログラム作りコンピュータを非常に貯え、実行する機能は計算機とおよびそれらを区別する。 教会Turing説はこの多様性の数学声明である: ある特定の最低の機能のどのコンピュータでも、他の行うどのコンピュータもことができる同じ仕事を行うことができる主義にある。 従って、パーソナルディジタルアシスタントからスーパーコンピュータまで及ぶ機能および複雑さのコンピュータは時間および収蔵可能量が考察でない限りすべてのそれ同じ計算の仕事を行える。 主要な記事の計算の歴史: ジャカード織機の計算の歴史は最初のプログラム可能な装置の1つだった。 最も早いコンピュータと1つの装置を定義することは困難である。 コンピュータのまさに定義は変わり、従って最初のコンピュータを識別することは不可能である。 多くの装置一度呼ばれた「コンピュータ」は今日の標準によって自体もはや修飾しない。 最初に、言葉「コンピュータ」は数計算(人間計算機)を行った機械計算高い装置の援助を持つ人を、頻繁に示した。 早い機械計算装置の例はそろばん、スライド・ルールおよび恐らく間違いなくastrolabeをおよび(約150-100紀元前にさかのぼる) Antikytheraのメカニズム含まれていた。 中間の年齢の終わりはヨーロッパの数学および工学の再invigorationを見、Wilhelm Schickard 1623年の装置はヨーロッパエンジニアが組み立てたいくつかの機械計算機の第一号だった。 但しプログラムできなかったので、それらの装置のどれもコンピュータの現代定義に合わなかった。 1801年に、ヨセフMarieのジャカードは彼の織機が複雑なパターンを自動的に編むように型板として一連のパンチ紙カードを使用した織物の織機に改善をした。 生じるジャカード織機は編まれたパターンを定義するパンチカードの使用が早いのとしてプログラム可能性の形態見られ、とはいえ限ることができるのでコンピュータの開発の重要なステップだった。 1837年に、チャールズBabbageは彼が「分析的なエンジン」と呼んだ十分にプログラム可能な機械コンピュータを概念化し、設計する第1だった。[2]限られた財政および無力のためにBabbageは設計と修善することを抵抗する決して実際に彼の分析的なエンジンを造らなかった。 パンチカードの大規模な自動化されたデータ処理はHermanホレリスが設計して、後でIBMに似合った計算の表にのRecording Corporationによって製造された表に機械によって1890年に米国人口調査のために行われた。 19世紀の終りまでに後で実用的なコンピュータの認識に有用証明するいくつかの技術は現われ始めた: パンチカード、ブール代数、真空管(熱電子弁)およびテレタイプ。 20世紀の前半の間に、多くの科学的な計算の必要性は計算のために基礎として問題の直接機械か電気モデルを使用したますます洗練されたアナログ計算機によって満たされた。 但し、これらはプログラム可能でなかったし、一般に現代デジタル計算機の多様性そして正確さに欠けていなかった。 着実により強力で、より適用範囲が広い計算装置の連続は次第に現代コンピュータで見られる主要特点を加える30年代および40年代に、組み立てられた。 「最初のデジタル電子計算機」が困難であるようにデジタル電子工学の使用(主として1937年にクロウドShannonが発明する)およびより適用範囲が広いプログラム可能性はきわめて重要なステップ、この道に沿う1ポイントを定義することだったが(Shannon 1940年)。 著しい達成は下記のものを含んでいる: EDSACは貯えられたプログラム(フォンNeumann)建築を実行する最初のコンピュータの1つだった。 Konrad Zuse電気機械の「zは」機械で造る。 z3 (1941年)は算術浮動小数点およびプログラム可能性の測定を含む二進算術を、特色にする最初の働く機械だった。 従ってZ3がTuringであると証明された1998では完了し、世界の最初操作上コンピュータがある。 真空管の基づいた計算、2進数および再生コンデンサーの記憶を使用したAtanasoff果実Computer (1941年の)。 プログラム可能性demonstを限った秘密のイギリスのColossusコンピュータ(1944年)、 rated that a device using thousands of tubes could be reasonably reliable and electronically reprogrammable.

Electronics section

Software section

Computer section

Finance section

Medical section

Tourism section

Science section

Agricultural section

 

 

Arabic-العربيه  Korean- 한국어  chinese 中国  Japanese 日本語  Russian- Русско  Portuguese- português  Itatian-Itatian French-français  Spanish-español  German-deutsch  English